AカップからEカップにした管理人がバストアップ方法について発信

バストアップオトメ

バストアップの悩み

離れ乳で胸が小さく、太って見える?簡単にできる改善方法とは?

投稿日:

バストが小さいからと悩む女性は多いですが、同じぐらい悩んでいる方が多い「離れ乳」。

離れ乳のせいで本来のカップサイズよりもバストが小さく見えてしまったり、逆に胸が広がっていることで太っている印象を持たれることもあります。

離れ乳は普段の生活の中で予防・改善できるので、自分ってもしかして離れ乳かも…と気になっている方はぜひ実践してみてください。

 

離れ乳ってどういう状態?

離れ乳ってどういう状態?

「グッパイ」なんて呼び方もある離れ乳。一体どの状態になると離れ乳なのでしょうか?

バストには黄金比があり、そこがずれるとバランスが悪く見える

離れ乳とは、一般的なバストの形より左右のバストが少し離れた形をしている状態のことを言います。

女性のバストには綺麗に見えるような形や大きさがあり、それを「バストの黄金比」と呼びます。

鎖骨から左右の乳首を結んだ時、綺麗に正三角形ができている状態が、最も美しいバストの形です。

管理人
しかし、その形よりも少し下がっていたり離れていたりすると、その三角形が崩れてあまり綺麗に見えないバストになってしまいます。

 

体質ではなく、年齢を重ねるごとに離れ乳になる人います

元々の体質もありますが、20代後半から「あれ?私のおっぱいなんだか離れ気味になていない?」と気になりだす方が増えます。

ハリがなく、バストもなんとなく下向きになってしまっている方に多く見られますが、実際のところバストの黄金比をキープできている人はなかなかいません。

管理人
バストケアを何もしないでいると、加齢と共にバストは垂れてしまったり、型崩れを起こしてしまいます…

離れ乳は決して悪いことではありませんが、胸が小さく見えてしまったり、スタイルが悪く見えてしまったりというデメリットもあるのでバストはできれば綺麗な形をキープしておきたいところですよね。

 

離れ乳になってしまう原因とは

離れ乳になってしまう原因は?

生まれつき離れ乳の方もいますが、毎日の生活習慣の中で形が崩れていく離れ乳になる場合が多いです。

離れ乳になってしまう原因はこちらです。

  • 下着の着け方やサイズがバストに合っていない
  • ナイトブラを使用していない
  • 姿勢が悪い
  • 妊娠・出産・授乳の影響

 

下着の着け方やサイズがバストに合っていない

下着のつけ方やサイズがバストに合っているかどうかで胸の形はだいぶ変わってきます。

正しいつけ方をせず、バストをしっかりと支えることができていない場合、もちろん形が崩れてきますよね。
サイズが違う場合も同じです。

自分自身のバストを常に支えてくれる役目を果たす下着。

その下着を適当にしてしまうと、離れ乳になる大きな原因となります。

 

ナイトブラを使用していない

寝ている間もしっかりと支えてあげることで重力に負けて下に下がってくることを防ぐことができます。

仰向けで寝ている間にバストをそのままにしてしまったら、両方のバストが重力に負けて本来あるべきではない方へ脂肪が移動してしまいます。

毎日の生活でこの状態を繰り返していくと、バストの黄金比とは別の場所にバストが固定されてしまいます。

 

姿勢が悪い

仕事で毎日座りっぱなしだったり、家事をしたりして立ち仕事を続けている方。

同じ姿勢を続けている方は特に要注意です。

バストの筋肉が衰えてくることもありますし、胸を張る機会が減るためハリがなくなってきます。

管理人
猫背もよくありません。姿勢は正しくするのが綺麗なバストを保つための最低条件です

 

妊娠・出産・授乳の影響

妊娠期間で母乳を蓄えるためにバストアップしたり、授乳期を終えて垂れやすく小さくなったり、ホルモンバランスによって大きさが変わりやすいのが特徴です。

妊娠前は気にならなかった胸も、妊娠から出産、授乳を終えたタイミングでバストがしぼみ、小さくなったり垂れたり離れ乳になってしまうことがあります。

 

これで安心!離れ乳の改善方法

離れ乳の改善方法は?

離れ乳は、一度なってしまうと簡単には元に戻りません。

ですが、毎日のケアでバストの黄金比に近づけることができます。

できることからでもいいので、実践していきましょう。

 

生活習慣の見直し

睡眠不足や偏った食事などの乱れた生活習慣は、バストを育ててくれる女性ホルモンの分泌を阻害します。

管理人
ストレスを溜め込むこともよくありません。仕事などで疲れていたら、程よく発散するようにしましょう!

規則正しい生活が美しいバストを育みます。

 

目的に応じたブラジャーを選ぶ

ブラジャーには普段使い以外にもいくつか目的に応じて種類があります。

  • スポーツブラ
  • ナイトブラ
  • 授乳ブラ

スポーツブラ

激しい運動で胸が揺れるとクーパー靭帯が損傷しやすくなり、離れ乳になりやすくなってしまいます。

通常のブラジャーよりスポーツブラの方がサポート力は高いので、身体を動かす時はスポーツブラを着用しバストを守りましょう。

 

ナイトブラ

寝る時にノーブラだと本来胸にあるべき脂肪がお腹や背中に流れてしまいます。

脂肪を胸でしっかり固定しつつ、リラックスできるように作られているナイトブラを着用し、離れ乳を防ぎましょう。

 

授乳ブラ

妊娠中は胸が大きくなるので妊娠前のブラジャーはきつくなりますが、授乳が終わると役目を終えた乳腺が元に戻るので胸は小さくなります。

授乳ブラは締め付けずにしっかりバストをホールドできるように作られているので、妊娠〜授乳を終えるまでは授乳ブラが安心です。

 

最低限、形やサイズのあったものを使用する

普段使いの下着もなんとなくで選ぶのではなく、しっかりと自分の身体にフィットするものを選びましょう。

管理人
バストサイズを自分で計測するのは難しいので、下着屋さんで販売員さんに測ってもらうようにしてくださいね

他人に測ってもらうのが恥ずかしい…という方でも、下着屋さんではブラを着用したまま計測してくれるのでそんなに恥ずかしがらないで大丈夫です。

プロに測ってもらったら自分が思っていたサイズとは全然違った!ということはよくある話。

今まで測ってもらったことがないという方は、ぜひ下着屋さんに足を運んでみてくださいね。

 

離れ乳についてのまとめ

離れ乳は歳を重ねていくごとに気になる女性が増えていきます。

普段の生活の過ごし方によって離れ乳になったり綺麗なバストに近づけたりすることができます。

管理人
何もしないでいればバストはどんどん形を変えていってしまいます。
バストを綺麗な状態に保つために、少しずつできることから実践していきましょう!

-バストアップの悩み

Copyright© バストアップオトメ , 2019 All Rights Reserved.